お役立ち情報 – 外壁塗装・屋根工事・オール電化・住まいリフォームは東京中野区の株式会社山野に

お役立ち情報

山野の生活通信

皆様の健やかな毎日にお役に立てるよう、季節にあわせた情報をピックアップしてみました。

  • Vol.84 冬のお悩み、かかとの角質・ひび割れケア!

    冬になると毎年悩まされる足の乾燥、かかとのガサガサやひび割れ。ちょっとしたケアで改善される、冬のお悩み対処方法をご紹介します。

    冬の足の乾燥・かかとのひび割れ

    ひび割れ

    ◎乾燥からくる足の症状

    冬は暖房や熱めのお風呂に入るなど、乾燥からくる肌トラブルが多い季節です。
    脱いだ靴下やタイツにつく粉ふきやお風呂上りに起きる太ももやスネのかゆみ。寒さ対策のために履く、タイツや厚めの靴下は化学繊維製品が多く、速乾性が高いため、肌の水分も奪ってしまいます。脱ぎ着するたびの摩擦でさえも肌には刺激となります。

    ◎かかとの厚みからくるひび割れ

    足の裏の皮膚は体重を支えるため、もともと厚いのですが、立ったり歩いたりする衝撃や摩擦でますます厚くなっていきます。かかとには皮脂腺がないため、この角質層といわれる皮膚が厚くなると、水分不足を起こしてしまい、ひび割れが起こります。
    厚くなったかかとのひび割れが出血したり、ひび割れの傷みをかばったりするため、足腰に負担を掛ける歩き方をしてしまうこともあります。気をつけましょう。

    足の乾燥トラブル対処法

    ☆日常生活での対処法

    【暖房器具】 暖房器具を使用する際は、加湿することを心掛けましょう。
    【入浴】 肌に保たれている成分を保つためには、40℃以下の温度で。体を洗う時はゴシゴシこすらず、石鹸を泡立てて手で洗うだけでも汚れは落ちます。
    保湿効果のある入浴剤を入れたり、入浴後すぐにクリームで保湿したりと、できるだけ乾燥時間を防ぎます。

    ひび割れケア

    ☆角質ケアでひび割れを防ぐ

    【角質を取り除く】 やすりや軽石で角質を落とす場合は皮膚を傷付けないよう注意しましょう。刺激を与えることで逆に角質が厚くなることもあります。
    【保湿】保湿効果の高いクリームを入浴直後、就寝前、外出時靴下やストッキングを履く前に塗ると乾燥を防いでくれます。
    【正しいサイズの靴】靴の中で足が動かない、程よいクッション性のあるものを選びましょう。

  • Vol.83 この時期おすすめ、カーテン洗濯術!

    カーテンの汚れは、嫌なニオイやカビ,ダニの発生原因となります。冬が来る前のこの時期にすっきり、カーテンの洗濯術をご紹介します。

    忘れがちなカーテンのお手入れ

    カーテン

    ◎カーテンの洗濯頻度は

    お部屋の掃除はこまめにしていても、忘れてしまいがちなカーテンのお手入れ。砂ぼこりや花粉、台所の油汚れや調理中の煙も付着し、部屋のニオイの一因となることがあります。これからの季節は窓の結露によるカビやダニの発生源にも。

    紫外線やカビで繊維が劣化するのを避け、カーテンを長持ちさせるためにも、半年に一度の洗濯をおすすめします。窓に近いレースのカーテンは汚れも多いのでこまめに洗濯しましょう。カーテンよりは薄地のため乾きも早く、こまめに洗濯することで、カビも発生しにくくなります。

    ◎必ず洗濯表示を確認

    カーテンについている洗濯表示で洗濯機可、手洗い可を必ず確認します。他にも洗濯水流や温度表示にも注意してください。素材により使う洗剤も違うため、使用する洗剤の確認も忘れずに。

    効果的なカーテンの洗濯方法

    ☆洗濯する前のひと手間

    【ホコリを落とす】はたきや掃除機でおおまかにホコリを落としましょう。その際は生地を傷めないよう優しく扱います。

    【カビの有無】カビが発生していたら、酵素系漂白剤とぬるま湯でつけおき洗いしましょう。この際も漂白剤を使用しても大丈夫か洗濯表示を確認してください。

    カーテンを洗濯

    ☆からりとした晴天の日に

    【カーテンフックは必ず外す】面倒でも必ずフックは外します。生地の破損原因となってしまいます。

    【ドレープに従ってジャバラ状にたたむ】縦横それぞれをジャバラ状にたたみ、洗濯ネットに入れます。

    【洗濯表示にある洗剤で】表示がない場合は中性洗剤で洗います。

    【洗い終わったらすぐに干す】シワ予防のためにも脱水が終わったらすぐにフックを取付けカーテンレールに吊るします。

© 株式会社山野. All Rights Reserved.